料金で選ぶなら12月の合宿免許

自動車免許の取得を考えている方は
通いで取るのか、合宿免許で取るのか選択ができます。

選択のポイントとしては
「やはり料金」ではないでしょうか?

免許を取得してしまえば、どこで取得しても、どの金額で取得したとしてもそれは同じものです。

それであれば、出来るだけ安いに越したことは無いと考える人が多いと思います
できるだけ安くしかも確実に免許を取るのであれば、やはり合宿免許がいいという結果になりました。

料金の安さと確実にある程度の日数内で免許を取ることを選ぶのであれば
合宿免許がお勧めです。

通いで自動車教習所に行くと最近はどこも高額になり、どうしても30万円近くの費用がかかってしまいます。
さらに検定で落ちたり、仮免許などで落ちてしまえば、追加料金が必要ですし、そうなると40万円ほど必要になります。
中には、補習が多くなってしまうと、考えたくないほど金額が必要になってしまうのではないでしょうか。

しかし、合宿免許であれば費用も10万円台からあります。
合宿免許では食費、宿泊費、検定料金等が含まれている場合も多いので、安心して免許を取得することができるのです。

運転に自信があまりない、たぶん追加料金が必要になる可能性があるといった不安があるひとは費用を抑えて自動車免許が取得できるのは合宿免許ではないでしょうか。

また、合宿免許なら
自動車教習所がスケジュールを組んでくれますから、一杯で講習が受けれないといったことはありませんので
自分で予約したり、なかなか実技講習を受けれないといった
事もありません。

予約をして、車に乗る時間を事前に取得するということもかなり面倒な作業となります。
そうなるとついつい先延ばししてしまいがちですが、
合宿免許ならそういった心配もありません。

講習を受ける時間も予定もあらかじめ入っていますから、この面倒な作業も必要がなくなるのです!

合宿免許ですとATなら14日ほどで可能ですし
MTでも16日の短期間で自動車免許が
取得できます。

合宿免許なら12月がおススメですよ。
なぜなら、免許を取りに行く人は夏休みや春休みが人気となっていますから、ギリギリに申し込んでも空きがある可能性があります。

合宿免許を申し込むなら空いている季節がいい!

自動車教習所には繁忙期といって人が多く申し込みをして
中には、順番待ちで時間がかかるときなどもあります。

できれば、混雑していない閑散期でゆったりと免許を取りたいと願う人は、
12月が空いていて、楽しくゆったりと車やバイクの免許を取る事ができると思います。

同じ免許を取得するのであれば、やはり楽しみながら自動車教習所で免許を取るのがいいと思います。

12月の合宿免許は参加する人が比較的に少ないので混みませんし、少人数の方が免許を取れていいと思います。

人数が多く、繁忙期に合宿免許を申し込むと希望の独り部屋が空いていなかったり、
思ったように教習が受けれなかったりしてしまいます。

もちろん、毎日講習を受ける日程が決まっているので、繁忙期だからといって教習ができないといった事もありません。

ですが、どうせ免許を取得するならゆったりとしながら、かつしっかりと目標の日程までに免許を取得したいと思います!

合宿免許は格安の季節の12月がいいのではないか

合宿免許を申し込みするときの季節のポイントは
やはり12月などの閑散期間ではないでしょうか。

車の免許の取得にはやはり繁忙期と閑散期とがあります。

もちろん、料金や教習の時間などを考慮すれば、閑散期に申し込みをおこなうことで
色々な特典がついてきたりもしますす。

やはり、閑散期に申し込みをおこない。合宿免許に行くとなれば、
イベントやサービスが充実していることが多いのです!

同じ免許を取得するのであれば、いい環境で楽しくしたいものです。
特に、合宿免許を選ぶのであれば、仮免許の取得まで長い時間が必要ですから
その間の過ごし方も考えると、失敗しないポイントを知っておく事で、楽しく合宿免許に参加することが可能になります。

そのためには。
保証内容を確認することはとても重要になります。

最近の流行としては、事前に補修などが入った時にはその金額を無料でおこなってくれる教習所も少なくありません。

補修なしで免許を取得することができる人もいますが、全ての人が超過なしに免許を取ることは難しいのです。

合宿免許の費用には教習費、食費、交通費、宿泊費が含まれていることも多いのですが
個室を希望したり、食事を追加料金をだして変更することができることもあります。

約1ヶ月ほどの時間を使い合宿免許を取得するのであれば、一度は交渉をしてみてもいいのではないでしょうか?

12月は合宿免許の閑散期になっていますから、合宿免許で車やバイクの免許を取得するのであれば、12月がいいのではないでしょうか。

 

自動車免許取得までどういったことをするのか?

合宿免許を検討する前に実際にどのような行程をおこなって免許が取れるのかを知っておく事で、自身の心構えが違ってきます。

免許を取るまでに必要な内容を知る事で、結果にも差が出てきます!

特に合宿で免許を取ろうと考えている人は、一日中車に乗って練習をするという訳ではありません。

いくら合宿といえども、1日に練習する時間や学科を受ける時間は限られています。
それであれば、空いた時間は自由につかえるのか?
外出はできるのか?
1日休みがあって、その日は観光などに出かけて楽しむ事ができるのかといったことも気になる点ではないでしょうか。

合宿免許は自動車教習所が学科、実技教習のカリキュラムを効率よく
組んでくれているので、休校日以外はほぼ、毎日免許の取得の時間に使われます。

おおまか、最短では約2週間ぐらいで卒業する事ができます。
もちろん、お休みの日もあり、外出などをして観光をする時間もある程度はあります。
更に講習がある日でも、一日中朝から晩まで教習を受けているということもありません。

ですから、ある程度は毎日自分のための自由な時間はあります。

モデルケースとしては朝は9時ごろから夕方17時30分ぐらいまでの間が講習となっています。
合宿免許を受ける教習所によってはスケジュールが違っていますので
事前に確認して、納得のいく内容の教習所に申し込みをおこないましょう!

教習所によって違いはありますが、多い日では6時間ぐらいの講習を受ける事になると思います。

曜日や自身の教習の進み具合で少ない日では2〜3時間の講習しか受けるものがないといったこともあります。
そういった日は比較的に自由な時間も多くなっています。

12月の合宿免許を連投している人は、なるべく地域の環境にも配慮して申し込みをしましょう。
雪の多い地域では年内でも雪が降りますし、中には積もる地域もあると思います。

雪道や雪が積もらなくても、路面が凍結する場所などで免許の講習を受けるのは、初めての運転では辛いと感じる人も多いのです。

申し込んだ後で気がついても困りますので、地域の特性なども考慮して合宿免許の申し込みをおこないましょう。

合宿免許でもローンは使えるのでしょうか?

画像

合宿免許の費用はローンやクレジットの分割で支払うことが可能です

合宿免許に限らず、車やバイクの免許取得の費用は高額といえます。

多くの教習所で分割払いができるように、合宿免許でもこのローンやクレジットの分割払いに対応している所はおおいのです。

分割払いやクレジットの分割をしょうと思っている人は
まずは、合宿免許を申し込もうと考えている所に、支払い料金について検討を行ってみてください。

12月に入って直ぐに合宿免許の申し込みをしようと検討している人は時間の余裕をもって準備をしましょう。
特にローンを検討している人は、合宿のスタート希望日まで時間が短いと信販会社からの回答も遅くなります。

ですから、少しでも自身の予定からずれないためにも
確実に必要な日数や集める資料なども念入りに準備をしておきましょう。

日程のギリギリになって手続きをしたり変更依頼などを行えば、出発日時も
変更となることが予想されます。

となれば、休みを取って合宿免許に参加しようと考えていても、予定がずれてしまうと
合宿免許に参加できないことも発生してしまう可能性があります